セコムのごだわりが詰まったパンフレット・DVD無料プレゼントはこちら

ホームセキュリティの補償制度

ホームセキュリティでは万一の事態に備え盗難保険や補償制度も標準で付帯しています。

ここではセコムの標準保障制度についてご説明します。

盗難保険は窃盗または強盗により損害を被った場合には、規定の条件に基づきホームセキュリティ会社が盗難保険契約を結んでいる保険会社より保険金が支払われます。

また、建物や住宅に火災・爆発・泥棒の侵入による被害が発生した場合、規定の条件に基づき、建物損害修復費用見舞金が支払われます。

盗難保険金と支払われる保険金額の限度額と免責金額

※免責金額とは、保険金の請求の際に自己負担する金額です。

●現金・貴金属・美術品等が被害
保険金額:50万円
免責金額:1事故につき5,000円

●家財
保険金額:200万円
免責金額:1事故につき5,000円

建物損害修復費用見舞金

損害額:100万円以上
見舞金支払額:100万円

損害額:10万円以上100万円未満
見舞金支払額:損害額の範囲内で10万円単位の金額
(10万円未満の損害は適用となりません)

資料請求をすると詳しく条件などが確認できます。

意外と安いホームセキュリティ導入コスト

セコムなどのホームセキュリティが意外と安い費用で導入できることをご存知ですか?

資産家、豪邸の泥棒・空き巣対策のみでなく最近では離れて住むお年寄り、火災の監視・通知、普段の生活の安心のために一般家庭でもホームセキュリティが導入されています。

無料資料請求で送られて来るセコムのごだわりが詰まったパンフレットは防犯対策にも役立つので防犯意識を高めるために一家に一つ置いておきましょう。

>>>今だけ無料でもらるセコムDVD・資料請求はこちら
セコム

セコムと並んで有名なALSOK綜合警備保障では初期費用0円手軽に始められる【ゼロスタートプラン】が好評です。
セコムとアルソックを比べてみると、どちらが自宅の防犯にも向いているか比較できます。

>>>初期費用0円!綜合警備保障アルソック資料請求はこちら
ALSOK:綜合警備保障